kuru2.gifわんこグッズは「よろずや@みち」でどうぞ。
 kuru2.gif 大切な相手に愛を伝える特別な日。 本命は、大好きなうちの子に…
  【犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』】
 kuru2.gif “カンタン・キレイ・色あせない”FUJICOLORデジカメプリント


 ☆ぽるかタイムズのおススメ本☆
  ◇最後の誕生日
  ◇イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科
  ◇獣医からもらった薬がわかる本
  ◇もっともくわしい動物の薬の本―錠剤・液剤・滴下剤から注射剤まで
  ◇小さな命を救いたい―アメリカに渡った動物のお医者さん



2008年10月24日

命と向き合う(1)

今週はぽるかタイムズが完全凍結、
コメントのレスも凍結で一体どうしたの?
なんていう状態でしたが
ねーちんには長い1週間でした。


月曜日の朝
ねーちんの車の下ににゃんこ発見。
この子は思えば日曜日の夕方に
我が家の前の家ナナちゃん(柴犬)宅の車庫で
置いてあった段ボール箱に入って寝ていた子で。
その時には、この辺じゃ見ない子だな?
と思ってスルーしていたのですが
ねーちんの車の下にいた以上スルーできず
ひいてしまっても困るので
とりあえず棒でつついて追い出そうと・・・。
動いたにゃんこを見て
後ろ足が動かないことに気づきました。
事故に遭ったんだろうか・・・

とにかく、そんなにゃんこがいることを
母に伝えて会社に行ったものの
1日中気が気ではなく。
退社時に母に電話をすると
まだ我が家付近にいて
ひなたに合わせて移動していた事、
だれかが食べ物や水を与えているらしき事を
聞きました。
いつまでもそこでだれかに食べ物をもらって
暮らせるわけもないし
何より足のケガの具合も気になるため
帰宅してから
ぽるたんがお世話になっているS先生に電話。

「連れて来られますか?
 とにかく診察してみます。」

ねーちんは覚悟をしました。
このにゃんこをなんとか助けようと。

ご近所のわんこ仲間が見守る中
ナナちゃんパパとのコンビネーションで
にゃんこ捕獲にかかりました。
下半身をひきずりながら逃げるにゃんこを
なんとかなだめながら抱えこみ
箱に入れて病院へ。

推定10歳。
攻撃性が全くなく、診察をする先生や
ねーちんにもずっとスリスリする
性格よしの男の子でした。
病院での検査の結果
左大腿骨折(完全断裂)と骨盤骨折が判明。

081024.JPG

骨折自体はまだ新しい傷のようでしたが
長く放浪した生活であろう状態で
しかもこれだけの重傷で・・・
今後のことも含め
この子の一番の幸せについて決断するという
大きな責任を追う事になりました・・・。

081024-2.JPG

ぽるたんがにゃんこダメダメなため
月曜日の夜は
無理を言って、病院で預かっていただくことに。

ねーちんの眠れない夜が始まりました。

ニックネーム みち at 23:55| Comment(0) | みち記/その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント